愛車を売る前にご覧ください

愛車を売る前にこちらをぜひご覧くださいね。

お待ちかね、中古車屋さんに車を売る時のこと

マイカーの売買の時は、まず最初にクルマの審査をします。車種と年代で、基となる標準時の価格の全容を把握します。これに比べその上を行くほど実態が悪かったら、査定金額をマイナスとするなどといった順番で処理を行っていくことでしょう。

一定レベルでの金額については買取のお店の方で基準となるデータを保持しています。こちらは業者間だけで確認されるもので、その額面は車種と年式によって記載されているものです。なのですが、このプライスはあくまで標準的なものであり、その他の意味あいは無いといえます。その上、その値段よりも高い金額で買い取られたり、場合によってはもっと安く買いたたかれたりする可能性もどうしてもあり得ます。

業者側としてみれば出来るだけ低い金額で買い取りたいわけで、その店舗にもよりますが基礎的な買取標準価格を出したうえで、それ以上に安い方向へと話をつなげようとします。売る方としてはちょっとでも高く売渡したいので、ここでの交渉ではイッキに攻めるのが吉です。はたまた、買取について値段が合意できなかったのであれば一旦見送りとし、そちらで話を止めておきます。そして違うお店と交渉を進めていくわけです。

そこでもし値段がもっと高くなって不満がないなら、前のお店とのやり取りは破談となっても問題はありません。つまり、売却する側が納得できるようにネゴシエーションをしていけばOKなのです。どうしても回避したい状況は、拙速に金額を結論付けてしまい、後になって悔いるということです。売値についてはなんといっても強気で出ていった方が心残りはないでしょう。