愛車を売る前にご覧ください

愛車を売る前にこちらをぜひご覧くださいね。

きましたね車買取、そしてリサイクル料について調べてみた

自動車を売却する時の方法には下取と買取の両方があります。下取りのケースというのはおニューの愛車をゲットする代わりに前の車を買受して貰うというものです。大概はディーラーが買取りをおこなうため価格の方はどっちかというと低くなる場合が多いです。

もう一方の買取りの場合にはクルマ買取専門店がするもので、ユーズドカーという名目で販売する事を予定に引き受けの額を決定するので、どちらかというと高プライスでの買い取りが期待できるでしょう。どちらにしても自家用車を引き受けてもらうことであり、、売却をする前に引取り額を決めるための審査がおこなわれます。

見積もりを依頼する場合に気になるのがリサイクル料です。自動車審査で出してもらう金額としては愛車本体の金額、自分のくるまのに附随するリサイクル料や自賠責保険などを含んだ額の2つの種類が御座います。「リサイクル料」はくるまを入手した際、もしくはリサイクル料が未払いのときには車検を通した際に支払いとなるもので、将来的に自分の車のを廃車にして解体処分する時必要となるエアバッグ類、シュレッダーダスト、フロン類などをリサイクルする時の代金となって使用されます。リサイクル料金は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けることとなり、解体する時にJARSから支払されることになります。

費用はだいたい、軽自動車なら8千円ほど、国産車で1万円ほど、外国の車とかで15000円ほど、それとは別に2万円くらいを納める必要があったりもします。たいていのユースドカー買取であれば、これらのリサイクル料を自分の車のの引受金額とは別ということで買い取られることになるのですが、リサイクル代金をいれて買い取り値段としている場合も有り、引き受けを依頼する際にあらかじめチェックしておくということが大切です。