愛車を売る前にご覧ください

愛車を売る前にこちらをぜひご覧くださいね。

これが中古車買取とリサイクル料のことを考えてみた

中古車を売る際の仕方といえば下取と買取が有ります。下取りのケースというのはおニューの自分のくるまのを買う際、これまでのクルマを引き受けて頂くというものです。たいていは新車のディーラーが引受をすることになるため買い取り額としてはどちらかといえば低くなることが多いです。

もう一方の買取りのほうは車買取専門ショップが行っているもので、中古の車として販売する事を予定して買取プライスを決定するので、わりと高額の買取りが望めます。どちらにしても自動車を売却することであり、売却をする前に買取り額を決定するための鑑定がされることとなります。

値踏みを行う場合に気になるのがリサイクル料です。お車鑑定で示されるプライスというのはそのくるま本体の価格、ユーズドカーに附随する自賠責保険やリサイクル料等を含めた額の二つの種類が有ります。リサイクル料に関してはくるまを買ったさい、又はリサイクル料が未納のときには車検を通した時に支払いになりますので、のちに愛車を廃車として解体する時必要になるシュレッダーダスト、フロン類、エアバッグ類などなどリサイクルする時の費用として使用されます。リサイクル料金は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けることとなり、壊してしまう時にJARSから払われることになります。

料金はだいたい、軽だと8千円ほど、国産車の場合で10000円位、外国の車等であれば1.5万円くらい、そのほかで約2万円ほどを入金する必要性がございます。大抵のクルマ引受ですと、そうしたリサイクルの代金を自分のくるまのの引受額とは別ということで引き受けされる事になるわけですが、リサイクル代金を入れて評価の価格だという場合もあり、買取りを希望という場合にはまえもって確認しておくということが大切なこととなります。