愛車を売る前にご覧ください

愛車を売る前にこちらをぜひご覧くださいね。

ついでにクルマを売る時の査定について思うこと

中古自動車の買取となると、まず先に見積もり査定をおこないます。車の型式やいつのものかによって、ベースとなる一定レベルでの値段のイメージをしておきます。これと比較しその上を行くほど状況が良くなければ、評価額を少なくするといった順序でやられていきます。

一定レベルでの値段のことについては買取店の方で目安の数字を持っています。これについてはお店同士のみで出回っているもので、その価格は車種と年式によって示されています。とはいっても、このプライスはあくまで基本的な数字であって、それ以上のものではないものです。その上、その値段よりも高値で買い取って貰えたり、もしくは安い価格で売る羽目になったりするケースも当たり前ですが無くはないです。

店側の立場に立ってみるとなるべく安い金額で買い取りたいわけで、その店舗にもよりますが基準となる買い取り額を出したうえで、それよりも安い方向へと話をつなげようとします。売る側からすればいくらかでも高い金額で引き渡ししたいですから、ここでの交渉ではイッキに話題を進めていくのが成功の秘訣です。それか、買い受けについての金額が同調できなかった時などは保留とし、話は休止状態とします。その上で他の店舗と話し合いを行うわけです。

そこで仮にプライス的にもっと高額となり満足がいったなら、最初の買取店との商談は物別れに終わっても気にせずOKです。言ってしまえば、売り手が好きなように話を進めていけばよいということです。最もやめてほしいのは、あせって値段を決定してしまい、後から残念な気持ちを残すことです。売却額はとにかく強気に出ていった方が心残りはないでしょう。