愛車を売る前にご覧ください

愛車を売る前にこちらをぜひご覧くださいね。

とうとうです、中古車査定と事故車ってどうでしょう

ユースドカー買取りを頼んだときには、一番初めに見積もりを受ける事となります。そうした時の値踏みに関しては買取ショップの人がおこなうわけですが、自動車マーケットの値段などから算出されることとなります。

一般的に古いくるまとして売りに出されている額の2、3割程度が査定額となっていますが、評判のくるまだったり、珍しいくるまなどの場合には高い見積金額が出るなどのケースもあるでしょう。また、製造年が新しいほど高い査定となります。ただ、こういった見積金額はその自動車がパーフェクトな状態の場合であり、万全じゃない時だとマイナスに査定されます。なかでも修理歴などは買取価格に結構響いてきます。

事故の跡というのも定義は微妙なところですが、基本的にお車の本体であるフレームの部分まで及ぶような事故をしてしまったくるまはこれに当てはまります。そのような事故歴のある車はいつかなにか被害が出てしまう危なさがあるので、見積もりにおいては悪材料となります。他方、フレームの方にまで影響しておらず、外側を手直しした程度であればなりませんが、修復歴はつきます。

無論、修理歴としては付くわけですからマイナスの害はある訳ですが、事故車よりも低い見積となることはないです。他にも、エンジンなどに面倒が発生している場合にもマイナスに見られますし、通常の整備の良し悪しが見積もりに影響してきます。

そのあたりは傍目には見分けはつかないのですが、鑑定を行っている買取専業店はキチンとその部分も見てきます。

どっちにしても修復歴はないということが所有車鑑定額がが上げることができるかどうかの分かれ目となってきます。