愛車を売る前にご覧ください

愛車を売る前にこちらをぜひご覧くださいね。

どういうこと?中古車見積もり時の必要書類に関して

愛車を売り払いたいケースにおいての方法には買取りや下取りなどの種類があります。下取はおニューの自動車を購入した時には、それまで乗っていた所有車を買取りして頂けるものです。その中古車が走行が問題ない状態だったとすればプライスが付きますが、度を超えて古すぎるものであった場合ですと反対に処分の為の費用を求められる場合もなくはないでしょう。

下取してもらう場合は専門のお店が引受けするという事ではない訳ですから、高値売却は無理でしょうけど、次の車と交換で乗り換えすることが可能ないい点があります。その一方買い取りはというと、それ専門の中古車買取ショップにお願いして買い取りをして頂くものです。タイミングが難しいなどの良くない点もありますが、引取りされたお車は中古自動車として出回るのがもともと決まっている訳ですので、比較的高値引受けが期待できると思います。

下取、買取どちらのケースでも引き渡すさいには必要となる書類を準備することが必要です。必要書類の種類には車検証の原本や自動車税の納税証明書、自賠責保険証およびリサイクル券があります。さらに実印や印鑑証明、住民票なども必要です。

引受けの際は委任状や譲渡証明書なども使うかと思いますが、それらはお店の方で用意してくれると思います。譲渡を依頼する側としては、自動車検査証、自動車税の納税証明、自賠責保険証とリサイクル券、住民票と実印更に印鑑証明を準備しておきましょう。審査の時にもこれらに関してはチェックされるので、なくしたケースでは再発行して頂く事となります。

もし仮に失くした場合でも査定そのものは受けることがOKですが、その場で即買取は行えないため査定額に良くない影響が出るかもしれません。