愛車を売る前にご覧ください

愛車を売る前にこちらをぜひご覧くださいね。

どういうこと?車買取・事故歴と修復歴に関して

ユーズドカー引取りをお願いしたケースでは、まずはじめに鑑定を受ける事になります。査定は買い取り専門店の査定士することとなり、オークションマーケットの値段等から金額がはじき出されることになります。

一般的に古いクルマとして販売されている値段の2~3割位が査定価格となっていますが、人気車種であったり、珍しいクルマであるなどの時には高い買取額が出るといった時もあります。また、年式が新しい方が高い金額となります。一方でそのような買取り価格はその車が完全な状態のときであって、パーフェクトじゃない時だと低く査定されます。中でも特に事故歴などはプライスにとても関係してきます。

修復歴といっても定義は微妙なところですが、基本的にはくるまの骨組みであるフレームの部分にまで跡を残すようなアクシデントを経験したお車は事故車として扱われます。このような修復歴のあるクルマはあとから何かしらの悪い影響が出てしまうリスクがあるため、プライスではダメなものとされてしまいます。一方、フレームの部分にまで影響が及ばず、外装を修理したぐらいだったらならないですが、それでも修復歴としては付いてしまいます。

もちろん修復歴は付くわけですから負の影響はあるのですが、事故車より低く査定されることは無いです。その他、エンジン等に面倒が出ているときにもマイナスに見積もりされますし、いつもの点検整備の状態が見積もりに影響されます。

この辺りはトーシロには分からない部分ですが、審査をおこなっている買取ショップはキッチリそのあたりも見てくるでしょう。

いずれにしても修復歴は無いという事が古いクルマの見積がアップできるか否かの条件となります。