愛車を売る前にご覧ください

愛車を売る前にこちらをぜひご覧くださいね。

なんと!中古車査定と事故歴だそうな

古くなった自家用車買い取りを依頼したさいは、最初に審査を受けることとなります。その査定についてはお店のの担当者がやり、中古車市場の金額等から算定されることになります。

一般的に古い車として販売されている金額の2~3割程が買取り価格となっていますが、好評な車種であったり、珍しい車種である際には高い買取額が出る場合もあるみたいです。他にも、製造年は新しければ新しいほど高い査定となります。ただし、これらの買取額はマイカーが万全な状態の時であって、パーフェクトではないケースだとマイナスに査定されます。中でも事故車等は買取額に結構関係します。

修理の跡とは言っても定義はあいまいですが、基本的にはクルマの基礎であるフレームの部分にまで駄目になっているような事故を起こしてしまったクルマは事故車という事になります。そのような修復歴のあるくるまはそののちなにか悪い影響が出てくるかもしれないという危険性があるので、買取額に於いてはダメなものとなってしまいます。他方、フレームの方には影響が無く、ボディを修繕した程度であれば大丈夫なのですが、でも修理歴は付きます。

モチロン修復歴としてはついてしまいますので負の影響があるものですが、事故車に比べ低い鑑定額となることは考えられません。そのほか、エンジンや変速機などに問題が起きている時にもマイナスに審査されますし、いつもの手入れの状況が買取プライスに関わってきます。

そのへんはトーシロにはちんぷんかんぷんですが、査定をおこなっている買い取りの専門店はきっちり状況をチェックしてきます。

どちらにせよ修理歴としては存在しないことが自分の車の鑑定額がをアップできるか否かの条件となります。