愛車を売る前にご覧ください

愛車を売る前にこちらをぜひご覧くださいね。

なんと!車買取査定方法のいろいろ

古くなった自家用車買い取りを頼んだケースだと、まず最初に鑑定を受けることになります。その際の値踏みはお店のの方がおこなう訳ですが、くるまマーケットの金額などから計算されることとなります。

だいたい古いくるまとして売り出されているプライスの20~30%くらいが売却額とされているようですが、好評な車種だったり、希少価値のある車である等の際には高値がつくケースもあるみたいです。それと、製造年は新しい方がやはり高くなります。一方でそういった買取り価格は愛車が万全な状態であり、そうではないときには低く見積もられます。特に事故車などは買取の値段にかなり影響します。

修理歴といっても定義が微妙ですが、基本的にはクルマの基礎であるフレームの部分まで影響しているようなアクシデントを起こしてしまった車は事故車という事になります。この事故車は将来的になんらかの負の影響出てくるかもしれないという危険が有りますので、プライスに於いては悪材料となってしまいます。一方で、フレームにまで影響が及ばず、外見を修理したぐらいだったらならないのですが、それでも修復歴がつきます。

無論、修理歴としては付くわけなのでマイナスの影響があるものですが、事故車に比べて低く査定されることはございません。その他、エンジンや変速機などにトラブルが出ているときにもマイナスとして鑑定されますし、日頃からのメンテナンスの状態が見積価格に影響してきます。

そのあたりは素人には分からない部分ですが、値踏みを行う買取専門ショップの方ではキッチリとそのへんもチェックしてきます。

どちらのケースでも修理歴が無いことが自動車査定額が上昇できるかどうかの最低条件となります。