愛車を売る前にご覧ください

愛車を売る前にこちらをぜひご覧くださいね。

マイカーの買い上げについては月賦払いの完済前のケースでもOK?今一度チェック!

使用済みの自動車の買取専業店に見積りをしてもらったものの、ローンを残したままであるといった場合もある筈です。このような場合ですと、その売りたい使用ずみの車の所有権がご本人であるのか誰かほかの人であるのかどうかまず確認することが必要となります。

実際のところ、名義はどれを見れば良いのかというと、「車検証」に記入された氏名がその使用した自動車の権利者ということになります。

お車を入手した際に銀行が提供しているローン支払いを組んだケースでは、この「自動車検査証」に書かれている名前がご自身の氏名になっている訳ですが、ローンを契約したのが信販会社である際ですとお名前がそこの記載となっています。信販系で割賦契約を組む場合どうしてこんな形で信販系の会社を名義人として登録しているのかと言いますと、その答えとしては月の払いがストップしても、直ちにおクルマを差し押さえて確保することを考えている為です。

そんな事情から所有名義がローン会社となっている際はそちらのくるまを自分の好きに売ることはできないのです。とにかく売り払いたいなら先ずは残債を全て支払するか支払いローンの組み替えをすることで名義人をご本人に変更してから売却をする必要性が出てきます。そうとはいえ現実にそういった事が可能なのは今現在手持ちのお金がとても多い場合に限られます。だとしたらキャッシュが無いケースではどんな方法を取るのがよろしいのでしょうか。

そのような際は評定をやって下さった車買い取り専門店にわけを話すと、使用した車の売却の金額から残りの支払い分をキレイにし、所有者のところを自分自身の名義に変えて頂くことができるという訳です。手続きの方も全部買取店に任せられるので大丈夫です。