愛車を売る前にご覧ください

愛車を売る前にこちらをぜひご覧くださいね。

中古車売却と残債のことを考えてみた

自動車買取専業店に買取査定を頼んだものの、割賦払いを残したままである場合もあるのではないでしょうか。そんな際には、売却希望の中古車の所有権がご本人であるのか別な人なのかどうかについて第一に見ておくことが必要となります。

本当のところ、所有者が誰かについて何を見るとわかるのかといいますと、「自動車検査証」に載っているお名前の人が車の権利者という訳です。

車を買う際に銀行が提供している割賦払いを設定したケースでは、こちらの「車検証」に載っている氏名が自分の氏名になっているのですが、ローンを組んだのが信販系の会社であった時には氏名がそこの名前になっているのです。クレジット会社でローンを組む場合にどうしてこういった形でその会社を所有者として記載するのかというと、その理由は月の払いが滞った時に、ただちにお車を差し押さえて確保できるようにするためです。

そういった訳で所有名義がローン会社となっている場合はそちらの車を勝手に売る事は無理なことです。それでも売り払いたいならまずは返済を全て終わりにするか分割払いの組み替えをして所有者をアナタの名前に変えてから売却をする必要があります。しかし、実際問題こうした事が可能なのは現在持っている資産が余りあるケースに限られます。じゃあお金がない人はどんな方法を取るのがいいのでしょうか。

こんなケースでは査定をやってくれた愛車買取り業者に相談すると、マイカーの買取金額から残った支払い分を完済し、所有者の部分をご自身の姓名に変えていただくことができるという訳です。手続きについても全部買取店にオマカセできますから心配ないです。