愛車を売る前にご覧ください

愛車を売る前にこちらをぜひご覧くださいね。

今日は車を売る時のローンの残りのこと

マイカー買取り業者に評定をしてもらったのはいいけれど、分割金を完済できていないこともあるかもしれません。そうした際は、買取りしてほしい車の持ち主がアナタ自身なのかそれ以外の人なのかどうかについてとにもかくにも確認することが必要です。

実際に、所有者についてどこを見るといいのかと言えば、自動車検査証に記載されている氏名がクルマの権利者となるのです。

マイカーを買うタイミングで銀行が提供している割賦払いを組まれた時には、こちらの「車検証」に載っている氏名が自分自身のお名前になっていますが、分割払いを組んだのが信販会社である場合は名前がその信販会社の名前となっています。クレジット会社でローンを組む場合にどうしてこのように信販会社を持ち主として記載しているかと言えば、その理由は支払いが滞った時に、速攻で自動車を担保という形で確保するためです。

そういった事情で所有権がクレジット会社にある時にはそちらの愛車を自分の好きに売却は無理なことです。どうしても売り払いたいならとりあえず残債を残らず支払するか割賦契約の組み替えをして所有者をご自分に変えた後で手続きすることが必要です。とはいっても現実にそんな事が可能なのは今現在お手持ちのお金が豊富にあるケースに限られます。だとしたら現金が不足しているケースではどういった方法を取るのがよろしいのでしょうか。

そうしたケースでは値踏みを行ってくださった車買取り業者に話してもらえると、所有車の買取金額から残債分をキレイにし、所有者の欄をご本人の名前に変更してもらうことが出来るという訳です。手続きについてもすべて買取店にオマカセできますから問題ないです。