愛車を売る前にご覧ください

愛車を売る前にこちらをぜひご覧くださいね。

使っていた車の引き受けについては分割金完済前であっても良いんでしょうか?確認していきましょう

使った自動車の買取店に査定をしてもらったものの、割賦払いを残したままであるという場合もあり得ます。そうした時は、売り払いたい中古の車の所有権がアナタ自身なのか誰かほかの人なのかをまず見ておくことが必須です

本当のところ、名義に関しては何を見れば把握できるのかというと、車検証に書かれている氏名がその古い車の名義の人となるのです。

今のマイカーを購入した時に銀行系のローンを設定された場合だと、こちらの自動車検査証に記載されている名前がご自分のお名前になってるはずですが、自動車ローンを組んだのが信販系の会社などの場合は氏名がその信販会社の記載となっているのです。クレジット会社でローンを組む場合にどういう理由でこのようにその会社を名義人として記載しているかと言えば、その答えは月賦が滞納されたときに、直ちにそのマイカーを担保として確保することを考えているからです。

こうした理由から持ち主名義がローン会社にあるケースではそちらのおクルマを勝手に売却することはできません。何が何でも売ってしまいたいなら返済を残らず終わらせるか、月賦の組み替えをして持ち主を貴方の名前に変えた後で売却することが必要です。とはいっても実際そうした事が出来るのはその時点で持っているお金がいっぱいある時という事になってしまいます。だとしたら資産がない方はどういった方法を取るのが望ましいでしょう。

そのような時には値踏みを行って頂いた使っていた自動車買い取り専門店に訳を話せば、中古自動車の買取金額から残債分をまかない、名義をご自分の名義にチェンジしてもらうことが出来るという訳です。手続きに関しても全部買取り業者にお任せできるので安心です。