愛車を売る前にご覧ください

愛車を売る前にこちらをぜひご覧くださいね。

使用した自動車を処分するさいの方法に関わる事を、当ページでできる限り理解しておきましょう

使用していた車を売却するさいの手順というと下取りと買取りの両方が御座います。下取りのケースというのは新しいマイカーを入手する時に今までお乗りの使っていた自動車を引き受けて頂くというものです。主には新車販売会社が引き受けをするため買い取りプライスのほうはどっちかというと低目に見られる場合が多いです。

もう一方の買取の場合にはおクルマ買い取り専門ショップがおこなっていて、使った自動車という名目で売却することを前提として引き受けのプライスを決定するため、やや高値での引き取りが望めるでしょう。どっちにしても使用済みの自動車を買い上げてもらうことであり、その前に買上金額を決定するための評定が行われることとなります。

品さだめを依頼する場合に気に掛かるのがリサイクル料です。不要車審査額で出してもらう価格というのはそのユースドカーそれ自体の額、中古車に附随するリサイクル料とか自賠責保険といったものを含めた金額の二つの種類があります。リサイクル料はその使用した車を入手した際、または「リサイクル料」が未払いだった時には車検の時に支払いとなるもので、将来的に使った車を廃車にして処分するさいに必要なフロン類、シュレッダーダスト、エアバッグ類などリサイクルするためのコストということで使われます。リサイクル料は自動車リサイクルシステム(JARS)に預け入れることになり、壊してしまう場合JARSから払われるということとなります。

その場合の料金はだいたい、軽自動車なら8000円程、普通車の場合10000円ほど、外国の車などで15000円位、その他で2万円程度をいれる必要性が御座います。大概の使用していた車買い上げの場合、こういった「リサイクル料」を使っていた自動車の買い受け価格とは別として買取られることになる訳ですが、リサイクル代金をいれて審査の値段としているケースも有り、買取りをお願いする場合確認しておくことが大事です。