愛車を売る前にご覧ください

愛車を売る前にこちらをぜひご覧くださいね。

使用していた車の見積りというのは割賦が終了前であってもOKでしょうか?見ていきましょう

クルマの買取店に見たてを依頼したものの、ローンが完済できていないということも考えられます。このような時は、売る予定のユーズドカーの所有権が貴方自身なのか他人であるのかをまずは確認する必要性があるのです。

本当のところ、名義はどこをチェックしたらいいのかと言えば、「車検証」に記載されている氏名がそのu-carの名義の人となるワケです。

車を購入する時に銀行などの分割払いを設定された際は、この「車検証」に記載のある氏名が自分自身の名前になっていると思いますが、そのローン支払いを契約したのが信販系の会社だったケースだとお名前がそちらの記載になるはずです。信販会社で割賦契約を組む場合何故こういった形で信販系の会社をオーナーとして記載しているかと言えば、回答としては支払いが止まったときに、ただちにその車を差し押さえて確保することを考えている為です。

そうした理由から所有者名義が信販会社になっている時にはそのくるまを好き勝手に売り払う事は出来ません。とにかく売却したいならまずは支払いを全て返済するか分割払いの設定し直しをすることで持ち主をご自分に変更してから売却をする必要性が出てきます。とはいえ現実問題このような手続きができるのは現在持っている資金が余りある時という事に限定されます。それではキャッシュがない方はどうしたらよろしいのでしょうか。

こうした場合は、評定をしていただいた使った自動車買い取りのお店にわけを話すと、車の買値から残りの返済分を完済させ、持ち主をあなたの氏名に変えて頂くことが可能です。手続きについてもすべて買取専業店に任せられるので問題ありません。