愛車を売る前にご覧ください

愛車を売る前にこちらをぜひご覧くださいね。

使用済みの自動車の審査は残債の完済前の場合でもいいんでしょうか?今一度チェック!

使用していた車の買取ショップに審査を依頼したはいいけど、残債を払いきっていないなどといったこともあるはずです。このような際は、その売りたい古い自動車の所有者が貴方自身なのか誰かほかの人なのかどうかについて始めに見ておく事が必須です。

ホントのところ、名義は何を見ていけばわかるのかといいますと、車検証に記入された氏名の方が古い車の名義の人という事であります。

お車を手に入れたタイミングで銀行などの分割払いを設定された時には、こちらの車検証に記載のある氏名が自分自身の名前になっていると思いますが、その自動車ローンを設定したのが信販系の会社であるケースだとお名前がクレジット会社の記載になっている訳です。クレジット会社で割賦契約を組む場合なぜこんな形で信販系の会社を所有権者として記載しているかと言えば、その理由は返済が止まった場合、スグにその自動車を差し押さえして確保できるようにするためです。

こうした理由から所有権が信販会社にある際はそのお車を好き勝手に売る事は出来ないのです。それであっても売却したいのであれば残債を全て終わらせるか、割賦契約の組み替えをしてオーナーをご自身の氏名に変えた上で売却する必要があります。ですが、現実問題こうした事が可能なのはその時の持っている資産が余りある場合に限定されます。じゃあお金が無いケースではどんなやり方をするのが望ましいでしょう。

こんな場合は、診断をおこなって下さった使用していた車買取り業者にワケを話せば、使った自動車の売却額から残った返済分を支払し、所有者の欄をご自分の名義に変えていただくことが出来るという訳です。手続きの方も全てにおいて買取り業者にオマカセ可能なので安心です。