愛車を売る前にご覧ください

愛車を売る前にこちらをぜひご覧くださいね。

改めてローン中の車売却について

自動車の買い取りのお店に評価を依頼したはいいけど、ローンを払いきっていない場合もあり得ますよね。こうした時は、買取りしてほしい中古車の所有がご本人であるのか他の方であるのかどうかとにもかくにもチェックする必要性があるのです。

ホントのところ、所有権はどの部分を見ると良いのかというと、車検証に書かれている名前がクルマのオーナーということになります。

車を買った時に銀行等が提供する自動車ローンを設定した時には、こちらの自動車検査証に書かれているお名前が自分のお名前となってるはずですが、ローンを組んだのがクレジット系の会社だった場合はお名前がローン会社の記載になる筈です。信販会社で割賦契約を組む場合何故このような形で信販会社を所有権者として登録してるのかと言えば、その理由は返済が滞納されたときに、即愛車を差し押さえして確保するためです。

こういったわけで所有名義が信販会社になっているケースではそちらの車を自分の都合で売却はできません。どうあれ売りたいならまずローンを残らず終わりにするか割賦契約の設定し直しをすることで持ち主をご本人に変えた上で売る必要性が出てきます。そうとはいえ実際にそうした事が出来るのはその時点で手持ちの資産がたくさんあるケースに限られてしまいます。であるならば、資産が不足しているならどういったやり方が良いのでしょうか。

そのような時には鑑定をおこなっていただいた自動車買取店に相談すれば、愛車の買取金額から残りの支払い分を返済し、所有権者をご自分の名前に変更して貰うことができます。手続きについても全てを買取ショップに任せることができますので大丈夫です。