愛車を売る前にご覧ください

愛車を売る前にこちらをぜひご覧くださいね。

改めて車を売る時のローンの残りだそうな

中古車買取専業店に鑑定を頼んだものの、分割金を払いきれていないこともあるでしょう。そういった際は、売却予定のお車の所有者がご本人であるのか他の方であるかについてまずチェックしておくことが求められます。

実際のところ、持ち主に関してどこを確認するとわかるのかといいますと、自動車検査証に載っている氏名が自動車のオーナーという事であります。

自動車を買ったときに銀行が提供している割賦払いを設定した場合だと、この「自動車検査証」に載っている名前がご自身の名前になっている訳ですが、分割払いを組まれたのが信販会社だった場合は氏名が信販会社の記載になるはずです。クレジット会社でローンを組む場合に何故こんな形でクレジット会社をオーナーとして登録してるのかと言えば、それは支払いが滞ったりしたら、直ちに自動車を担保として確保することを考えているからです。

そんな訳で所有名義が信販会社になっている際はその自動車を自分勝手に売る事は出来ないのです。どうあれ売り払いたいならまずは支払いを全て終了させるか分割払いの設定し直しをすることで所有者をアナタの名前に変えてから売り払う必要があります。そうとはいえ実際問題そうした事が可能なのは今持っている現金がいっぱいある時になってしまいます。ではキャッシュがあまりない場合はどんなやり方をするのがよろしいのでしょうか。

そんなケースでは鑑定をやって頂いたマイカー買取り業者に事情を話すと、クルマの買い取りの値段から残債分を完済し、所有者の部分をアナタのお名前に直してもらうことが出来ます。手続きの方も全てを買取り業者に任せることができますので心配ないです。