愛車を売る前にご覧ください

愛車を売る前にこちらをぜひご覧くださいね。

車売却と必要書類について調べてみた

自動車を売却したい時の方法としては下取りと買取りの手続きがあります。下取は次の自家用車を入手した際には、それまで乗っていた自家用車を引き取っていただけるものです。そのくるまが乗車ができる中古車であれば値段が期待できますが、古すぎるクルマであった際は処分費用を下さいと言われるケースがあります。

下取してもらう場合は専門ショップが引受けする訳じゃないので、希望するような値段での譲渡は難しいと思いますが、おニューのクルマと取り替えるような感じで乗り換えができる長所があります。その一方買取はというと、それ専業の中古車買取専門ショップに頼んで引受けしてもらうといったものです。そのやり取りが難しいといったデメリットが有るのですが、買い取りをされたお車は中古自動車となって流通するのがもとから大前提ですので、わりかし高い値段での譲渡が期待できるはずです。

買取、下取のどちらであっても引き渡す際にはいろいろ書類をあらかじめ準備しておくことが求められます。その必要書類ですが、車検証の原本やクルマの納税証明書、自賠責保険証およびリサイクル券といったものとなります。他にも実印や印鑑証明と、住民票なども必要です。

買取りの場合には委任状や譲渡証明書等も使うかと思いますが、そのあたりは買取ショップで準備してくれます。売渡を頼むコチラ側としては、自動車検査証、納税証明書、リサイクル券と自賠責保険証、住民票と実印あとは印鑑証明書を準備しておきましょう。査定の際もこれらをチェックされるので、紛失の時には再度発行していただく必要がございます。

万が一なくした場合でも値踏みそのものはして頂くことはOKですが、その場ですぐの買取はおこなえないため査定額に悪い影響が出る可能性があります。